理念と沿革


 写実画壇は1972年(昭和47年)抽象美術全盛の頃「内外世界画壇の雑多な傾向に対し、堅実な写実表現を提唱」してその年の11月に結成されました。

 創立会員は里見勝蔵、遠藤典太、川上尉平、清水練徳、矢橋六郎等43名。第1回写実画壇展は翌年1973年5月、上野の森美術館にて開催され、以後同美術館で毎年春に開催いたしております。小林和作、中尾彰、原精一らもかつての出品者です。

 創立以来、会員と少数の招待作家の作品という展覧会の構成は変わらず、公募制が主流の日本の美術団体展の中で、非公募の展覧会として独自の展開をいたしております。 その理念を現在以下のように標榜し、21世紀の写実表現を目指して各自真摯に取り組んでおります。それは単なる「写実」ではなく「実相に迫る表現」を希求するものです。

 『写実画壇は写実表現を志す作家たちが集い活動する美術団体です。私たちの生命の鼓動、その生活の実感、または物の存在の実相を表現しようとするものです。それは国を越え時代を超えても、また世の中の仕組みや流れが変わろうと、人が表現し続ける重要なテーマの一つでしょう。』

写実画壇